いぐべし東北

Let's go tohoku !

【一人旅でいくらかかる?】2泊3日の会津旅行の出費は45,241円

20190921194622

 

 

他の人の旅費って気になることありませんか。

自分は使いすぎなんだろうか、それとも節約派なんだろうか、どっち?

そもそも旅行の時っていくらつかってるの?

そんなことが気になったあなたに、とあるサラリーマンの一人旅の費用を公開します。

 

 

 

 

【2泊3日】サラリーマン一人旅の工程

まずは旅行の前提条件です。

 

出発地   :東京出発

利用交通機関:往路 バス(会津若松駅)

       復路 新幹線(王子駅)

       途中の移動はレンタカー

滞在地   :会津若松(東山温泉)

 

【金額】2泊3日の会津一人旅行で45,241円かかった

20190921194624

2泊3日の一人旅でかかった費用は45,241円でした。

1回の旅行につき、5万円の予算を組んでいるので予算通りとなりました。

で、何にいくら払っているかの割合です。

20190724140738

今回は奮発していい宿をとったので宿泊費に一番金がかかりました。

1泊1万円!

くう~。

細かい明細内訳はこちら。

 

区分 摘要 金額
宿泊費 ホテル(2泊) 20,300
交通費 レンタカー(2泊3日) 8,612
交通費 ガソリン 1,801
交通費 バス 5,000
観覧料 武家屋敷 850
交通費 駐車入内(大内宿) 400
交通費

駐車場代

(浄土平環境美化費)

390
食費 スーパー 956
食費 スーパー 644
食費 ランチ 1,350
食費 ラーメン 570
食費 ラーメン 1,188
食費 お菓子 220
食費 果物 1,240
お土産代 お土産 1,180
お土産代 お土産 540
  合計 45,241

 

買い物1回につき支払った額のイメージがしやすいように、レシート1枚ごとにまとめたので同じ内容が出てきます。

 

宿泊費が一番かかっています。

普段は5,000円前後のビジネスホテルに泊まるんですが、どうしても温泉に入ってダラダラしたかったので今回は奮発しました。

 

宿泊した部屋は自分好みで、こういう部屋に住みてえって感じです。

お部屋にはソファーもあってサイコーにダラダラできました。

ま、たまにはいいよね。

 

正直今回はレンタカーいらなかったかもな~と思いましたが、ゴールドラインを走りたかったので良しとします。

山道で運転するのが好きなんです(運転はへたくそです)。

何も考えないっていうか、スッキリするので自分にとってはここはやはり譲れない支出です。

 

www.12san.net

  

 

 

【宿泊費】ちょっといい旅館を素泊まりで利用

20190921200209

 

今回利用したのは新滝です。

【公式】くつろぎ宿 新滝

 

東山温泉にあこがれていたので宿は奮発しました。

その代わり食事なしの素泊まりです。

食事アリにするとけっこうお値段いっちゃうので。 

 

お部屋はこんな感じ。

渓流沿いの和モダンツインベッドルームです。

20190921200204

ベッドが2つありますが、安心してください。

一人で宿泊しました!

ソファがあってTVを見ながらダラダラするのに最適です。

実際ここでつまみとか果物を買ってきて飲んでました。

 

また、旅館にはライブラリや竹久夢二のギャラリーなんかもあって旅館から出なくても時間を過ごせます。

 

【交通費】東京会津若松間高速バスの早割最強

20180519191140

 

東京から会津若松に行くならバスが最強です。

もちろん最高なのは新幹線で郡山に出てそこからバスで会津若松まで移動するのが最短だと思います。

東京から会津若松までバスだと4時間半かかります。

 

が、自分はバス一択です。

なぜなら安い。

圧倒的に安いです。

今回早割をゲットできたんですが、そのお値段片道2,500円です。

2,500円です!

大事なことなので2回言いました。

しかも東京から乗り換えなしで会津若松まで行けちゃいます。

往復5,000円ですよ。

4時間半なんて寝てスマホいじってたらあっという間に着きます。

東京~青森間をバス利用(11時間)したことがある人間としては余裕で過ごせます。 

 

www.12san.net 

早割には枚数制限があるので募集開始と同時に予約をしないとほとんど取れません

特に連休や盆暮れ正月は瞬殺です。

たまに奇跡的に残っていたりしますが、あてにならないので募集開始と同時にすぐに抑えてしまいましょう。

 

www.bushikaku.net

 

【食費】スーパーや道の駅を利用すれば安くておいしい現地のものが食べられる

 

宿泊に食事が付いてないので今回はスーパー利用でした。

地元スーパーのヨークベニマルとJA産直で酒やつまみをゲッツ。

福島といえば果物!

今回は現地の桃、ブルーベリー、ミニトマト、ヨーグルトを主食にしてました。

 

昼に会津ラーメンを食べていたので夜は軽めでOK。

 

宿での食事も好きですし、こうやって現地調達するのも旅の楽しみの一つです。

 

やっぱり旅行は早めに計画すると出費が抑えられる

20190921194627

 

旅行は早めに申し込むとお得なことがいっぱいあります!

 

  • 飛行機はウルトラ先得(75日前)
  • 新幹線はお先にトクだ値(1ヶ月前のさらに1週間前)
  • レンタカーは早期申し込み割引プランがある(約1か月以上前)
  • 宿泊プランは早期申し込み割引プランがある(約1ヶ月前)
  • バスは早割がある(約1ヶ月前)

 

もっと節約しようと思えばできます。

食費を削るとか、レンタカーをやめて公共交通機関を利用するとか。

でも節約ばっかりだと最終結論は「旅行に行かない」になってしまうので、メリハリをつけて旅行を楽しみたいものです。

 

というわけで旅行を検討する時の参考にしてみてください。