いぐべし東北

Let's go tohoku !

【ゆる読書】ケヴィン・ダットン著「サイコパス 秘められた能力」

20190130194506

 

 

本をあまり読まなくなってしまったので、月に1冊くらいのゆるい感じで読んだ本のメモを残しておく記事。

今回読んだのはケヴィン・ダットン著「サイコパス 秘められた能力」です。

 

 

 

 

サイコパスの機能性だけ身につけたいから読んでみた

 

店員オーバーの救命ボートが嵐の海を漂っている。このままでは全滅するしかない。乗組員は乗客のうち14名を海に投げ捨て、残りの命を救った。

さて、乗組員は罪に問われるべきだろうか?

  

新年のっけからアレな感じの本を読んでいるけど、安心してください。

自分はいたって普通の、サイコパシーは持っていません。

なぜこの本を手にとったかというと、サイコパスの機能性を身に着けることで自由な思考で生きていきたいと思ったからです。

生きているとどうでもいいことで物事がうまく進めなくなることが多いですよね。

でも、サイコパスの

  • 他人の目を気にしないで「嫌われるかも」というような恐れも全く気にせず話しかけたりするような良い意味での鈍感力を発揮した外向性
  • 自分の感情も他人の感情も一切切り離すことが出来るメンタルの強さ

この外向性とメンタルの強さを手に入れることができれば、これからの時代を生きていく上で強い武器になります。

サイコパスの機能性ってどういうこと?ということについてはこちらをどうじょ。

 

daigoblog.jp

 

サイコパスはあなたの身近にけっこういる

サイコパスとは精神病質者のことです。

精神病質 - Wikipedia

 

サイコパスといえば残虐非道な犯罪者みたいなイメージですが、一方で冷静沈着さと断固とした決断力によって社会を守り、豊かにしているサイコパスもいます

外科医、兵士、スパイ、企業家、弁護士などサイコパス性が強いです。

他人への共感能力が低く、感情を揺さぶられることも少ないサイコパスはゆえに自分の欲望を達成することに迷いがありません。

そのため高い能力を発揮し、時に魅力的にさえ写ります。

サイコパスが社会性を身につければその能力により、高い地位や高い報酬を得られるのです。

ジョン・F・ケネディ、ビル・クリントン、セオドア・ルーズベルト、フランクリン・ルーズベルト。

ジェームズ・ボンドはもろサイコパス。

ちなみにチベット僧はサイコパス性がおどろくほど高いです。

ていうか能力だけ見たらサイコパスそのものです。

 

【やさしさ実験】能力は高いが無慈悲で冷酷なサイコパスVS心温かな思いやりのある人

 

サイコパスは究極の利己主義者ですが、時にそうでない人よりも他人に優しくするときがあります。

以下のシナリオで普通の人とサイコパスのどちらが手を差し伸べる数が多いか実験が行われました。

  1. 道を尋ねられたらこたえるか
  2. 書類を落としたら拾うか
  3. 腕を怪我をしている人が密かに苦戦している日常作業を手伝うか

 

結果は大変興味深いものでした。

  1. 普通の人圧勝
  2. 普通の人とサイコパスの差なし
  3. サイコパス圧勝(例えばペットボトルのふたを開けてあげた)

 

1の結果についてはまあ、予想できますよね。

2は意外な感じです。

3については完全に予想外。

かわりに書類を書いてあげたり、ペットボトルのふたを開けてあげたりしたのです。

サイコパス優しい。

実はこれには理由があって、サイコパスは相手の弱みに敏感なのです。

例えば、とある殺人者のサイコパスは被害者を定めるときに、歩き方で決めていました。

歩き方で誰が1番弱いのか、襲いやすいのかを見定めるというのです。

なので「密かに苦戦」している様をサイコパスの有する能力、すなわち「弱みを察知する微調整された高感度の長距離アンテナで簡単に血の匂い(弱み)を嗅ぎつけた」 というわけなのです。

その結果、普通の人が気がつかなかったささいな日常作業を手伝ってあげるという他利主義を発揮しました。

 

有名なサイコパスクイズを実際のサイコパスに出してみたら全然あたらなかった

「ある女性が自分の母親の葬式で、知らない男性に出会いました。彼女はこの男性を素晴らしい人だと思いました。まさしく彼女の運命の相手だと思い、恋に落ちました。ところが、彼の電話番号を聞いていなかったので、その後彼がどこにいるのかわかりませんでした。数日経って、彼女は自分の姉を殺しました。彼女が姉を殺した動機は何でしょう?」

(なお、姉が妹となっていたり、女性が既婚者で息子を殺したりといういくつかのパターンがあるが結果は同じ)

 

このサイコパス診断クイズが有名ですが、これではサイコパス性を見抜くことはできません。

本書では実際に正真正銘のサイコパスにこの問いかけをしています。

結果はどうだったと思いますか?

模範解答の「姉の葬式で、またその男性に会えると思ったから」と答えたものは一人もいなかったのです。

 

もし、サイコパス性を見極めたかったらこちらの問いかけが有効かもしれません。

本書の中で出てくる問答です。

 

「優秀な外科医が5人の患者を担当している。

患者はそれぞれ異なる部位の臓器移植を必要としており、移植がなければ早晩死んでしまう運命にある。

これまでのところ、どの患者にも適合するドナーは見つかっていない。

ある日たまたま若くて健康な青年が検査のために外科医のもとに訪れる。

検査するうちに外科医はこの青年がいまや死のふちにある5人の患者の臓器と完全に適合することに気がつく。

さらにこの青年は旅行者で、青年がいなくなったところで外科医の周りでそれに気がつくものなどおらず、外科医に疑いはかけられない。

この外科医は5人の患者を救うために青年を手にかけてもよいだろうか」

 

サイコパス 秘められた能力

サイコパス 秘められた能力

 

 

真の サイコパスはこう答えました。

 

「どこが問題なのかはわかるけど、あんたの言うことが単に数字の遊びなら楽勝じゃないか。

そいつを殺して、他の5人を救うんだ。しゃれた言い方をすりゃ利己主義ってやつだ。

大事なのは考えすぎないこと。

おれがその外科医だったら、あれこれ考えたりしない。

ひとりの命と引き換えに5人の命が救えるんだろ?5人分の朗報だ。

つまり、不幸なひとりの家族に対して、5人の家族のことを考えてみろ。

もうけものだと思うが」

 

ちなみに本著を読んでもサイコパスについて詳しくなるだけで、サイコパスの機能性は身につきませんでした。