いぐべし東北

Let's go tohoku !

運用報告:2万円から始めるスワップ積立(トルコリラ)(2019年1月15日時点1,937円)

20190113115144

 

 

2018年11月からトレイダーズ証券【みんなのFX】でスワップ積立てを始めました。

高金利通貨のトルコリラのスワップポイントをこつこつためて増やそうというものです。

 

 

スワップ運用の累計利益1,937円(1月15日時点)

20190115212608

 

みんなのFXのトルコリラの1日のスワップは1Lotあたり約120円です(2ヶ月前は115円でした)。

 

0.1Lot(1,000通貨)単位の場合は、1Lot(10,000通貨)あたりのスワップポイントの10分の1の金額となり、受取り・支払いともに四捨五入して付与されます。(トレイダーズ証券)

 

12月、1月と5,000円積立てて1万円たまったので0.1Lot買い増ししました。

現在0.3Lot(3,000通貨)で運用していますので、受取れるスワップは

0.3Lot×120円=36円/日

となります。

実際にはスワップが変動して差額がでるので微妙に異なりますが、1ヶ月30日として約1,080円を毎月受取れる予定です。

詳しくはスワップカレンダーを確認するといくらもらえるのかわかります。

スワップカレンダー|「みんなのFX」

 

年間利回りは 1,080円×12ヶ月/30,000=43.2%

相当なハイリスク商品です!!!

 

なお、スワップ以外に為替差損が-1,915円発生しています。

値動きが結構激しいですので差損益はおまけ程度の認識です。

積立をしたのが1月2日で、為替が急落したのが1月3日なので、1日遅く買っていればもっと安く買えました。

 

運用する上で重要なロスカットについて

 

ロスカットについてはみんなのFXのサイトで確認できます。

証拠金シミュレーション|「みんなのFX」

 

今月0.1Lot買い増ししたので、現時点のロスカットレートを確認します。

20190113105539

11円まで円高になっても耐えられる計算です。

たまたま積み立て開始時期と同じような価格のときに買い増したので、ほとんどロスカットレートの変動はありませんね。

2018年8月に起きたトルコリラ大暴落が15円でしたので、同じように円高になってもロスカットされません。 

また、最近起きた2019年1月3日の急落は17円だったので、まったく心配いりませんでした。

20190108205128

今回の2019年1月3日の下落で4円くらいは簡単に動いてしまうということがわかったので、やはり10円くらいの下落を見込んで積立てていけば相場が急落してもそれほど焦らなくてもよいということが実感できました。

ギリギリで利益を狙うよりも、安心して長期運用していきたいですよね。

なお、今後買い増していく過程でトルコリラが回復し価格が30円台に突入すれば、ロスカットレートが大幅に変わってくるので、買い増しするつど確認していくことが大切です。

 

ロスカットってなに?という方は、みんなのFXの解説がわかりやすいです。

自分的に一番しっくりきました。

ロスカットについて|「みんなのFX」

 

トルコリラの運用方針

20181111191908

 

当初数量 :0.2Lot(2,000通貨)

当初入金額:2万円

積立額  :毎月5千円*

運用方針 :積立額とスワップが1万円たまるたびに0.1Lot(1,000通貨)買い増す。

      (10円程度の下落を見込んでます)

      積立金額が5万円になったら積立をいったん停止。

      以後スワップのみで買い増す。

緊急時対応:ロスカットレートに近づいた場合には追加で資金を投入する

 

*当初3千円の予定でしたが、入金できるのは5千円からでした。

3千円で積立てる場合は、2ヶ月に1回6千円を入金するということになります。

ちょっと面倒になったので5千円積立てることにしました。

 

トルコリラを複利で積立てると10年後は400万円になる

 

毎月3千円と1千円を積立てた場合のシュミレーションです。

  • スワップ1Lot=115円と仮定
  • 1ヶ月690円のスワップが受取れる
  • 積立額とスワップが1万円たまるたびに0.1Lot(1,000通貨)買い増す

という条件で計算しました。

 

20181114205604

こんな感じでざっと計算してみたところ、2020年4月まで毎月3千円を積立てれば証拠金とスワップの合計が10万円に到達します。

つまり当初投入額2万円+2020年4月までの積立額5万1千円=7万1千円が自己資金です。

この運用方針だとスワップと自己資金の合計が以下のように推移していきます。

 

2020年4月 10万円(1年5ヵ月後)

2024年4月 50万円(5年5ヵ月後)

2026年1月 100万円(7年1ヶ月後)

2027年10月  200万円(8年9ヶ月後)

2028年10月  300万円(9年9ヶ月後)

2029年9月 400万円(10年5ヶ月後)

 

注目は100万円を達成したあとです。

100万円を達成するまで7年かかっているのに、その後は約1年経過ごとに100万円が増えていきます。

面倒になったので10年以後は計算しませんでしたが、複利の効果でその後も加速度的にスワップがたまっていきます。

10年で400万円なら20年で2千万円は超えるでしょう。

7万1千円が10年経てば400万円になるという非常に夢のある話です。

さらに自己資金を増やせばもっと早くスワップはたまっていきます。

 

ちなみに同じ運用方針で毎月1千円で積立てた場合は、投資額5万1千円で済みます。

400万円に到達する時間は3千円のときよりも約1年遅くなりますが、逆に言うとたった1年だけしか差がでません

いっそ積み立て無しでもいいかもしれません。

自分はスワップを受取る時間を早送りしたいので自己資金を少しだけ積立てます。

もちろん今のスワップ水準が維持されれば、ロスカットされなければ、の話ですけど。

今のスワップ水準が維持されることはほとんどないと思いますが、それでも金利の付かない日本円で持っているよりは増えていきます。

トルコリラはかなりハイリスクな通貨ですのでロスカットされずに生き残ればラッキーくらいの気持ちでやる、と自分に言い聞かせています。

失敗してもまあ、しょうがないな、と思える金額で今後もやっていきます。

  

みんなのFXでは1,000通貨(=0.1Lot)単位で取引できます。

少額から始められるので、自分のような初心者でも比較的始めやすいです。

 

トレイダーズ証券【みんなのFX】

 

 今後も実績報告していきますので、スワップってどうなの?という方は参考にしてみてください。

 

また一歩東北暮らしに近づいた!

 

 

トレイダーズ証券[みんなのFX]