いぐべし東北

Let's go tohoku !

【運用3カ月目】運用報告:トラリピ(2018年12月23日時点-143,904円)

20181223133254

 

  

東北で暮らしていくために資産運用に挑戦しています。

2018年10月からFXの自動売買であるトラリピ を60万円から運用。

2018年11月は資金を追加投入し250万円で運用を始めました。

 

 

トラリピの12月23日時点の累計利益-143,904円

20181223124302

預入額  :2,500,000円

通貨ペア :AUD/JPY 

      AUD/USD 

      NZD/USD 

      CAD/JPY 

 

250万円で運用し、決済された(注文が確定されお金が口座に振り込まれた)ので現金残高が+82,950円となっています。

そして買注文のポジションがあるので、その分の含み損が-226,854円です。

この含み損は現時点で決済したら確定されます。

結果としてトラリピの累積運用益は143,904円になりました。

 

トラリピの設定は鈴さんの設定をベースに、NZD/USDはそのままの設定で、その他の通貨は20銭間隔で運用しています。  

先月まで維持率2,500%でしたが、月中で買いが進みいっきに732%まで落ちてきました。

資金を多めに投入しているのでこれぐらいの値動きではロスカットされないというのは理解していましたが、トラリピを運用して初めて相場が動いたので少しお腹がスースーしましたね。

 

トラリピは相場の下落で含み損を抱え、相場回復時にその含み損を吐き出して利益を出すので、含み損を抱えるのは次の利益に備えていることになります。

含み損が利益になるのが楽しみです。

 

これまでの各通貨ペアのリピート率と利益金額

各通貨の累計のリピート率と口座反映後利益金額です。

20181223124410

 20181223124409

 

 NZD/USDは1ヶ月先に始めた&設定が違うのであまり比較にはならいのですが、圧倒的に稼いでいます。

1ヶ月前は全然稼いでいなかったCAD/JPYはじわじわ動き始めました。

 

そして気になるスワップ。

20181223124411

 

CAD/JPYとAUD/JPYはスワップがもらえるポジションなので、他の通貨のスワップの負担を軽減してくれています。

今のところ運用する上で毎日支払うスワップは気になりません。

 

トラリピを始めて3ヶ月目の気づき

  1. 相場が動くといっきに買いがすすむので資金は多めに準備しておく
  2. リーマンショックが起きた時にいくら必要なのか確認しておく

 

12月は朝起きて通知が10件以上来ている日が何回かありました。

 

今の運用設定でリーマンショック級の暴落が起きると、約250万円の追加資金が必要となります。

というわけでいざというときに備えて現金を確保しておくことが大事だと改めて感じました。

 

今回の経験をふまえ、今後はトラップ幅を20銭間隔から40銭間隔にして、その分運用通貨を増やそうかと考えています。

というのも、もしリーマンショックが起きた場合、全部の通貨が同時に値下がりするわけじゃないので、通貨を増やせばそれなりにリスクが分散できるかなと。

設定の変更は年末年始でやろうと考えています。

 

トラリピとは

20181025203729

 

マネースクエア

トラリピとは、3つのしくみをまとめた特許を取得している独自の注文です。
正しい名前はトラップリピートイフダン。

お客様に愛称でトラリピと呼ばれています。

投資家が時間をかけず、リスク管理を行いながら、自動的にコツコツと利益確定を繰り返すことを目指す自動利益確定ツールです。(マネースクエア)

 

最初に発注さえすればあとは同じ注文を繰り返すという自動売買です。

ほったらかし系大好き。

しかも手数料無料なので運用コストが抑えられます。

 

トラリピは運用しながら勉強中です。

始めたばかりなのでこれからどうなるかはまだまだわかりません

自分至上一番リスクの高い運用商品なので注意しながら、でもそれほど深刻にならずにみていきたいと思っています。

 

トラリピで資産運用

 

トラリピの運用実績は今後もレポートしていきますので、 FXの自動売買ってどうだろう?という方は参考にしてみてください。

 

また一歩東北暮らしに近づいた!

 

 

 

マネースクエア ポケトラアプリ用