いぐべし東北

Let's go tohoku !

Amazonギフト券がもらえるしワンストップ特例申請を知ったから今日はふるさと納税記念日

20181124110211

 

 

みなさんふるさと納税やってますよね?

やってないやついるのって感じですよね?

いまさら何言っての感ありますよね?

 

はい、実はやっておりませんでした!

しかも1週間前までやろうとも思ってませんでした。

だって確定申告するの面倒くさいし、面倒くさいし、面倒くさいし。

こういうメンドクサガリが何事においてもお金を逃すということをわかっているのに、このありさまです。

しかし、本日さとふるにて初ふるさと納税を行ってまいりました。 

 

なぜふるさと納税をいきなりやろうと思ったか、理由は3つです。

 

  1. ワンストップ特例申請を知ったから
  2. 来年は資産運用で年間20万円以上の利益を出す予定で確定申告する予定だから
  3. 10%分のAmazonギフト券がもらえるから

 

 

 

 

ワンストップ特例申請をすれば確定申告しなくていい

 

ワンストップ特例申請をすれば確定申告は必要ありません。

確定申告をしない代わりに寄付をする各自治体にワンストップ特例申請をする必要があります。

だから切手代と封筒代と、申請書とマイナンバーカードを印刷する紙代が必要になります。

 

ワンストップ特例申請に必要なものリスト

  • 申請書(サイトからダウンロード)
  • 切手
  • 封筒
  • マイナンバーカード(写) 

   ↑ない人はマイナンバー通知書(写)と免許証(写)でOK

 

あの面倒な確定申告をしなくていいんです。

楽ですよね。

 

逆をいえば確定申告をする必要がある人はワンストップ特例申請が使えません。

 

 来年は資産運用で年間20万円以上の利益を出す予定で確定申告する予定だから

 

おめでたいで考えですねえ。

でも2019年は本気で年間20万円以上の利益を狙っていきますよ。

資産運用で20万円以上の利益を出した人は確定申告しなければなりません。

ということは今年でワンストップ特例申請が使えなくなるということなんです(予想)。

こりゃーやっておかなくちゃ!

 

なお、さとふるのサイトには株・FXをやっている人向けへの記事があります。

 

株・FXとふるさと納税の併用によるメリットを最大に!行うべき手続きや注意点など | ふるさと納税サイト「さとふる」

資産運用として、株取引・FXを行う方も増えているようです。株・FXで得た利益には税金が発生しますが、この税金はふるさと納税とも無関係ではありません。ふるさと納税をワンストップ特例制度や確定申告で手続きすると、所得税・住民税に対しては「還付・控除」という形で反映されますが、株・FXで得られた利益に関しては「控除上限額の増加」という形で反映されます。株・FXと同時にふるさと納税を行っている方は、ぜひチェックしてください。

 

いまなら最大10%分のAmazonギフト券がもらえるから

20181218215648

 

しかもなんとさとふる では納税額の3~10%のAmazonギフト券がもらえます。

 

キャンペーン期間中に、ふるさと納税サイト「さとふる」(https://www.satofull.jp/)の会員(キャンペーン期間中に会員登録していただいた方を含みます)で、「さとふる」にログインの上寄付した合計金額が5,000円以上の方に、それぞれの寄付につき寄付金額の3%~最大10%分のAmazonギフト券をプレゼントいたします。

※プレゼントの料率は、お礼品一覧ページなどに個別に表示しております。

 

5万円寄付したら、3%で1,500円のギフト券です。

5万円寄付したら、10%で5,000円のギフト券です。

大盤振る舞いもいいとこですね。

これはお得以外のなにものでもない。

 

いちにさんもがっつり申し込みました。

公式はこちら:さとふる

 

キャンペーンは2018年12月31日までなのでお早めに。

思い立ったらすぐやろう。

まだ間に合います!

 

 

さとふる