いぐべし東北

Let's go tohoku !

LENDEX(レンデックス)の11月の分配金3,536円

20181018123943

 

 

LENDEX(レンデックス) から今月の分配金のお知らせが来ました。

レンデックスで運用を開始してから始めての受け取りです。

 

 

 

 

レンデックスの今月の分配金 3,536円

20181106195158

 

元本50万円+クラウドバンクで稼いだ利益3万円がレンデックスでの原資です。

53万円投資し、レンデックスからの今月の分配金は3,536円でした。

 

このように分配金のスケジュールがあると見通しがつくのでいいですね。

今後は毎月3千円程度の分配金が受取れる予定です。

 

分配金は毎月受取れます。

銀行の定期預金のように満期になったら振り込まれるというものではありません。

なので運用期間中に分配金がたまってきたら、運用案件の終了を待たずに他の案件に投資することでさらに効率的な資産運用ができます。

 

ソーシャルレンディングの累積利益 39,674円

20181104183055

ソーシャルレンディングの利益がいよいよ4万円を超えそうです。

メインで使っていたクラウドバンクでは支払いが滞ることもなく無事に償還がされていますので、いまのところ順調に利益が積み重なっています。

 

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングは個人が運営会社を通じて他の会社にお金を貸し付けることでその利息を受取る投資手法のことで、「融資型クラウドファンディング」と言われています。

毎月分配金を受取ることができるのが魅力ですが、貸し倒れたり返済が遅れることがあるリスク商品です。

20181006180800

 

ソーシャルレンディングは預けておけば毎月分配金が支払われるので、管理は楽です。

難しい知識は必要なく、仕組みもいたって単純なので投資初心者向けだと思います。

定期預金に預けるよりも何倍もの利息を受取ることができます。

今レンデックスで運用しているのは年利9%の高利回り案件です。

 

一方で、分配金の支払いが遅延したり、投資額の返済が滞る可能性もあります。

実際に投資した額が戻ってこないという話もちらほらきこえてきます。

業界大手のmaneo(マネオ)では2018年11月に一部案件で元本返済遅延が発生しています。

リスクを考慮し、余裕資金でやることをおすすめします。

また、貸し倒れる可能性を加味し、なるべく担保と保証が付いている案件を選ぶのがいいと思います。

 

ソーシャルレンディング事業者は複数あり、主な事業者がこちら。

 

maneo(マネオ) 

SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク

OwnersBook(オーナーズブック)

 

いちにさんはいくつかある運営会社の中で、サイトが見やすく投資案件も比較的豊富クラウドバンク と、高利回りレンデックス を利用しています。

 

今後も実績報告していきますので、レンデックスってどうなの?という方は参考にしてみてください。

 

レンデックスで投資運用

 

また一歩東北暮らしに近づいた!

 

 

 

LENDEX