いぐべし東北

Let's go tohoku !

愛沢と豚塚のらーめん抗争が決着!「らーめん滑皮さん」第3巻のあらすじ

20180716151628

 

 

あの闇金ウシジマくんの凶悪ヤクザ滑皮を主人公に据えたらーめん漫画、その名も「らーめん滑皮さん」の3巻が発売!

今回は愛沢と豚塚のらーめん抗争が決着します!

 

 

 

 

らーめん滑皮さん3巻

 

計1200万部突破!『闇金ウシジマくん』公式スピンオフ!!

最凶ヤクザ・滑皮が猛々しく喰らうっ(ラーメンを)!!!

情報屋・戌亥をからめとるヤクザ・滑皮!!

背脂ギトギト!ラーメンと暴力の濃厚マリアージュ!!

血湧き肉躍るダーク[らーめん]ノワール、開幕!!

 

いつも胸アツの やわらかスピリッツの宣伝文句がまだ出ていないので標準の宣伝文句を掲載しています。

3巻用の宣伝文句を早く出してくださいやわらかスピリッツさん。

 

色々つっこみどころが多いらーめん滑皮さん。

らーめんと滑皮と滑皮に振り回される戌亥がメインで登場します。

 

20181031204332

らーめん滑皮さんでは珍しいシリアス展開の戌亥 (第21話)

 

今回は石塚ミノル(豚塚)の他にイケメンゴレンジャイなどギャル汚くん編のメンバーが登場。

 

以下ネタバレを含みますので、ネタがバレてもOKという方はどうぞ。

 

 

 

イベサーバンプスのイケメンゴレンジャイ

 

ラーメン暴走族・愛(八王子店)の近所に闇つきらーめん豚塚をオープンさせた豚塚。

店内はお客さんで大賑わい。

そして、そこにはイベサーバンプスのイケメンゴレンジャイの姿が(ただし4名しかいない。ナオヤ・・・)。

 

代表だった小川純が行方不明になってからというもの、バンプスは豚塚の属する赤井組の看板を恐れ豚塚のいいなりになっていたのです。

店もスタッフもゴレンジャイの人脈で用意されたものでした。

 

20181103114744

けっこういいこと言ってる豚塚さん。

 

「アゲアゲラーメンクルーバンプスの新代表だ!」

「石塚新代表(いしづかおとうさん)だー!」

 

アゲアゲ状態で盛り上がる店内。

そこへ滑皮さんが戌亥と愛沢を伴って来店。

 

「豚の出す餌がどんなもんかこの愛沢が味見をしにきてやっただけだ。そうだな?愛沢ァ!」

「え?あ・・・はあ・・・」

 

ラーメンを一口すする愛沢。

その味は化学調味料丸出しの味に既製品のスープを適当に混ぜたような薄っぺらい味だったのです。

こんな味を客に出していることに憤る愛沢。

 

 「知ってるか?高カロリーが脳に与える快楽と中毒性は麻薬のそれに酷似しているんだとよ。一度打ちのとりこになった客はもう逃げられねえ。名づけて豚塚流欲望マシマシシステムだ!」

「馬鹿野郎!こんなところに通ってたらすぐに身体こわしちまうわ!常連客の体調も考えられない店なんて長続きするわけねえだろ!」

 

 愛沢さんのめっちゃまともなご意見!

しかし客を消耗品としてみている豚塚には通じない。

客を全部かっさらってやると愛沢にタンカを切る豚塚。

 

今日のところは帰ると、おとなしく店を出ていく滑皮さん。

豚塚は愛沢から店も金も奪い取ってやると野望に燃える。

しかし突如トラックが店に突っ込む!

 

「不慮の事故ってのは怖えなあ」

 

そううそぶきながら去っていく滑皮さんでした。

 

黒川会黒川組三代目赤井組赤井一家青田工業 黄山

 ニワトリや魚を送り付けられたり、自宅の前で一晩中大音量を流されたりと滑皮さんによる地道な嫌がらせによりガマンの限界に達した豚塚。

組の力を使っての抗争をけしかけようとします。

しかし、青田工業の黄山の部下によって豚塚は殴られ、猪背組と揉め事を起こしたくない黄山は滑皮さんに頭を下げる。

 

「こいつにはしかり灸をすえときましたんでこれからもご昵懇に頼みますわ。ははは」

 

謝罪して場を収めたものの、たかが幹部候補生に頭を下げさせられたと怒りが収まらない黄山。

豚塚は自分店の厨房で尻を丸出しにされ、注射器で直腸にラーメンスープを入れられる。

 

痛めつけられながら赤井組を抜けさせて欲しいと哀願する豚塚。

しかし黄山は許さず、なおも責めたてる。

ガマンしきれず組のためなら何でもやるとおもわず口にした豚塚に、黄山は2kgものシャブを常連客に売りさばけと迫る。

 

20181103115107

 

「名づけてシャブマシマシラーメンなんてな!わはは」

「馬鹿か!?そんなの無差別テロじゃねえか!?パクられたら一生刑務所暮らしになっちまうぞ・・・!?」

 

ビビる豚塚。

しかしイケメンゴレンジャイは無責任に盛り上げる。

 

「ふ・・・フゥーッッ!ナイスアイデアっ!!」

 

今すぐにでも逃げ出したい豚塚に愛沢から電話が入る。

 

「うちに出入りしているG10から聞いたぜ。てめえンとこのチャラ男どもがシャブ入りラーメンを作るつもりだって?」

 

そんなことをすれば人生終わりだ、指を詰めて勘弁してもらえと愛沢が忠告する。

しかし豚塚は聞き入れない。

 

「カタギのくせに滑皮に媚びへつらってる野郎が言えたセリフか!?」

 

吸っていたタバコや紙くずを愛沢の食べている冷やし中華に入れ、猪背組の飼い犬にはゴミ溜めトッピングが似合いだ食べてみろと言い放つ。

しかし愛沢は激昂することなく静かに煙草やゴミをどけると、迷いもなく冷やし中華を一気にかき込む。 

 

20181101213043

 

「俺には守らなきゃならねえものがある」

 

20181101213042

 

ん?あれ?

なんだか愛沢がかっこよく見えてきた。

そしてついにクラブで禁断のシークレット麺イベントがひらかれる。

 

策士 滑皮さん

 

イベント開始前から冷たいものでキメキメの黄山グランお父さん。

ステージ上に上がると客からの「マシマシ」コールに煽られ、らーめんの寸胴に白い粉を投げ入れる。

客の歓声を聞きながら意識が遠のく黄山。

次に気がついた時、目の前には赤井組の組長が。

 

「テメェが冷たいもん食いすぎて手が付けられなくなったっていうから来てみれば・・・俺が預けたブツを台無しにした落とし前はつけてくれるんだろうな黄山!?」

 

黄山は意識が酩酊して覚えていなかったが、寸胴に白い粉をぶち込んだ動画を見せられうなだれる。

もとはといえばおまえがが悪いと掴みかかる黄山を豚塚は殴りつける。

勢いで滑皮さんにも殴りかかる豚塚。

すると滑皮さんは銃を取り出し、豚塚に向ける。

銃声と共に倒れる豚塚。

 

「ここいらの界隈でシャブばら撒こうとしたあげくに俺のタマとろってのか?赤井さんこれはアンタの指示って考えていいんですか?」

「待て!落ち着けえ!」

 

赤井に豚塚と黄山を破門しろと迫る滑皮さん。

黄山は幹部なので簡単には破門できないが、豚塚は破門されガラは滑皮さんが預かることになった。

ひとまず一件落着。

と思いきや、

 

「豚塚にすり替えさせておいた2kgのシャブ、確かに本物です」

「よし」

 

黄山が寸胴にぶちまけたと思われたシャブは実はニセモノだったのです。

本物はもちろん滑皮さんがまるっといただきました。

そして撃たれた豚塚は実は血のりで芝居をしただけだった。

これも滑皮さんの筋書き通り。

 

血のりが落ちないとブツブツ文句を言いながら道端を歩く豚塚に、バイクで通りかかった愛沢が声をかける。

 

「ラーメン道を成り上がっていつか奴を食ってやる。ウチの看板よおく覚えとけや」

 

そういい残して愛沢は去っていくのでした。

こうして愛沢と豚塚のらーめん抗争はいったん終止符が打たれます。

今後二人にはちゃんとラーメンで対決して欲しいですね。

 

滑皮さんの舎弟 梶尾

滑皮さんに呼び出された舎弟の梶尾と鳶田。

今日一日クーラーボックスを預かってろと言われた二人。

中身は何かと尋ねると、滑皮さんも中身は知らない様子。

 

「中身を知った人間は身内だろうと消せと鳩山の親父のお達しだ」

 

今晩0時過ぎたらまた届けるようにと言われ、とりあえずその通りにする二人。

 

「中身見たら消されるほどのブツってなんだと思います?そんなもの滑皮の兄貴が持たされるなんて心配じゃないっすか?」

 

二人はクーラーボックスを開けることにする。

人気のない駐車場で中身を確認すると、そこには意外なものが入っていた。

 

「あれっ?そのデニム、兄貴が欲しがってたやつじゃないですか?」

 

指定された時刻に戻ると、実はクーラーボックスの中に細工がしてあり開けたことがすぐに滑皮さんにばれてしまう。

正座して謝罪する二人。

滑皮さんは言い分はあるかと梶尾に問う。

 

「ただ・・・今日は・・・自分が滑皮の兄貴に杯をいただいた日です」

「あっそ。じゃあその似合わねーデニム記念日祝いにもらっとけよ」

 

な に こ の 展 開。

惚れる。

いや~これはずるい。

しかも0時過ぎたら届けさせるって。

真っ先にお祝いのプレゼントを渡したかった模様。

 

感動して泣き出す梶尾。

こうして三人で夜の街に飲みに繰り出すのでした。

 

「らーめん滑皮さん」第4巻の展開は?

次巻はあの100万ボルツのタクシードライバーが登場です!

 

20181103132747

 

原作がちょっとしんどい時に、気分転換に是非一杯お試しください。

 

www.12san.net