いぐべし東北

Let's go tohoku !

【残念なお知らせ】DCプランナー2級試験に落ちたメモ

20181027171427

 

 

2018年9月9日DCプランナー2級試験を受験しました。

結果?

不合格です!

 

 

 

 

DCプランナーとは

 

商工会議所が認定する公的資格です。

 

DCプランナー(一般社団法人 金融財政事情研究会)

DCプランナーの「DC」とは「確定拠出年金」のことですが、DCプランナーはDCだけに詳しい専門家ではありません。

年金制度全般にわたる専門的な知識に加え、投資やライフプランに関する知識までを併せもつ、公共性と専門性を兼ね備えた、“企業年金総合プランナー”です。

DCプランナーは、年金教育の専門家として、年金制度全般にわたる正しい知識を普及・啓発する役割を担うとともに、新しい年金制度を適切に運営・管理する実務家として、法令を遵守し、加入者保護の視点から説明責任や受託者責任を果たす、といった役割が期待されています。

 

DCプランナー2級の試験水準

確定拠出年金やその他の年金制度全般に関する基本的事項を理解し、金融商品や投資等に関する一般的な知識を有し、確定拠出年金の加入者・受給者、確定拠出年金制度を実施する企業の福利厚生担当者などに対し説明できるレベル

 

今回なぜDCプランナーを受けたかというと、趣味と実益を兼ねていたためです。

趣味としては、今年から資産運用を始めたのでつみたてNISAや年金などの基礎知識を得るのにちょうどよかった。

実益としては、資格試験にトライすることは会社での人事考課の材料になるのでちょうどよかったのです。

  

DCプランナー2級の試験結果

 

2018年9月9日試験の成績がこちら!

20181027175724

  

100点満点中、65点!

70点合格なのであと5点足りませんでした。

ライフプランニング以外は2点配点なので、あと3問正解なら受かってました。

 全然合格点に届かないならまだしも、もうちょっとで合格できたのでもう少し勉強しておけって感じです。

身銭切って試験を受けるなら合格するつもりで勉強しろ、です。

 

そしてライフプランニングが満点でした。

ライフプランニングは「今から60歳まで資産運用すると、60歳時点でいくらになるか」とか「60歳から65歳までの無給期間を乗り切るためには、どれくらいの資産を60歳までに用意する必要があるか」といった問題なんかがあって、ナルホド~と思いながら過去問をやっていました。

いちばん勉強してておもしろかったですね。

 

DCプランナー2級試験に落ちる勉強方法の実例

20181027171428

 

こうやって勉強すると試験に落ちる実例を公開します。

試験に受かりたい人は絶対マネしないように。

 

試験を甘く見る

試験範囲にはそこそこ理解している分野もありました。

まったく知らない世界ではないので、なんとかなるだろうと思いました。

そのため勉強時間も勉強方法も雑に見積もりました。

そうです、その油断が命取りでした。

 

不合格だった最大の要因は試験を侮ったことです。

 

勉強時間が少ない

試験を侮っていたので、試験まで1ヶ月を切ったところから勉強を始めました。

1ヶ月でも毎日1~2時間勉強すれば受かったと思います。

しかしその間に様々な障害が現れました。

 

  1. 猛暑でやる気が出ない、というか体調悪い(夏が苦手)
  2. こんな時に限ってLINEマンガでテラフォーマーズが10巻以上無料で読める
  3. 鈴さんのブログと出会う

 

 みるみる勉強時間が削られていきました。

そのため理解度が低く、浅い知識のまま試験当日を迎えることになりました。

 

過去問ばっかりやってテキストを買わない

これも油断からきています。

自分の試験攻略方法としては、基本的に過去問題をひたすらやるのがメインです。

今回は試験の公式ページで推しているきんざいの過去問題集を使用しました。

 

 

過去問をひたすらやる手法でいくつかの試験勉強をクリアしてきたので自分的には非常に有効な勉強方法なのですが、過去問だけで試験に受かることができるかどうかは微妙なところです。

勘が良い人は受かりますが、自分は応用がきかないタイプなので過去問に出てない問題が出ると途端に弱くなります。

今回の失敗はモロにそれでした。

過去問に出ていないタイプの問題が予想以上に多かったのです。

 

通常は過去問題の他に知識をある程度補うテキストを準備しているのですが、今回はテキストを買いませんでした。

なぜか。

 

DCプランナーのテキストで検索すると出てくるコレ。

試験の公式ページで推しているので最も合格に近づけるテキストだと思われます。

当初はコレを買おうと思い本屋で中身を確認したんですけど、絶望しました。

圧倒的に字ばっかりで、頭に全っ然っ入ってこないんです。

このテキストで学ぶのは無理だと即判断しました。

 

なお、このテキストは1級も2級も網羅されています。

字だけで理解できるタイプの方でしたら、コレでいいと思います。

自分はイラストがないとイメージできないタイプなので無理でした。

 

本当はこっちのテキストを買いたかったんですが、売り切れでした。

 

 

同じタイミングで勉強始めた人が多かったようで、本屋を何軒もハシゴしましたがありませんでした。

しかもこんな地味な本そうそう在庫をもってるもんでもないらしく、売れたらそのつど発注をかけているため次に入ってくるのは数週間かかるといわれました。

今思えばネットで頼めよって感じですよね。

でも試験を甘くみていた自分は「ないならしょうがないか」と、あっさりテキストを買うのをあきらめました。

 

で、やったのが次のしくじり。

 

参考にならない本をテキストがわりにした

 

テキストを買うのはあきらめましたが、年金制度は非常に複雑なのでイラストなどでイメージしないとさすがにムリということで買ったのがコレ。

 

これは試験範囲の一部しか網羅できないので全然ダメでした。

本自体に問題はないのですが、対試験対策となるとやっぱり試験用のテキストを買うことが必要だと実感しました。

 

今後の方針

20181027191921

 

あきらめずに次回再チャレンジする予定です。

せっかく勉強したのでもう少し勉強をして合格したいです。

きんざいが出している過去問題集は問題ないレベルだったので、これはそのままにテキストを追加して基礎をちゃんと固めたいと思います。

 

 

でも、来年になったらすっかり忘れてゼロからのスタートになりそうですね。

年に2回試験が受けられたらいいのに。