いぐべし東北

Let's go tohoku !

【毎月積立】運用報告:10万円から始めるWealthNavi(ウェルスナビ)(2018年10月15日時点-11,583円)

20180519210202

 

  

東北で暮らしていくために資産運用に挑戦しています。

ロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ) で10万円から運用スタート。

毎月2万円自動積立しています。

 

 

 

 

WealthNavi(ウェルスナビ)とは

 

テクノロジーの力で、誰もが世界水準の資産運用をできるようにしたのが、ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」。

相場の動向に惑わされず、あなたの代わりに、すべて自動で資産運用を行います。

 

こちらの図を見ていただくわかるように、目標設定してウェルスナビの口座にお金を投入すれば後は全て自動でやってくれます。

20180930174350

 

ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた金融アルゴリズムで、お客様一人ひとりに合ったポートフォリオ(資産の組み合わせ)を自動で組み、リスクを抑えながらリターンの最大化を目指します。

  

自動なのがロボアドバイザーのよいところです。

積立設定をすれば振り込まれたお金を使って勝手に金融商品を買ってくれますし、年に2回くらい勝手にリバランスしてくれます。

アドバイザーというより代理プレイヤーという感じです。

 

手数料が1%と高いですが、準備する資金は10万円と比較的小額ですし、目標設定してウェルスナビの口座にお金を投入すれば、後は全て自動でやってくれますので投資初心者向けです。

いちにさんは毎月2万円自動引き落としにしています。

 

ウェルスナビの10月15日時点の累計利益-11,853円

20181015200754

20181015200755

購入額合計 360,000円

評価額   348,417円

累計利益   -11,583円

 

米中貿易摩擦による世界同時株安を受けてウェルスナビも評価額ががっつり下がっています。

 

minkabu.jp

 

株価が大幅に下落すると、ウェルスナビCEOの柴山さんから励ましメールがきます。

今年2月あたりに株価が大幅に下落したときにきましたが、今回もきました。

 

こんにちは。ウェルスナビCEOの柴山です。
今週後半、世界的に株価が下落しました。例えば、経済ニュースでも取り上げられることの多いNYダウは、水曜日・木曜日の2日間で約5.2%下落しました。
WealthNaviで「長期・積立・分散」の資産運用を行っている皆さまの中には、今週の下落を見て不安を感じている方もいらっしゃるかと思います。
今週の株価下落の背景は、「アメリカで長期金利が上昇したこと」や「米中の貿易摩擦が企業の業績に悪影響を与えるのではないかという懸念の広がり」だと言われています。
では、こうした株価の急な下落を、私たちはどう受け止めるべきなのでしょうか。
ウェルスナビでは、株価の短期的な変動に一喜一憂せず、あくまでも「長期・積立・分散」による資産運用を冷静に、淡々と続けていくべきだと考えています。

 

ロボアドバイザーは短期的に一喜一憂せず長い目で見ていく商品なので、今後も積立ては続けます。

 

ウェルスナビの手数料は分配金でまかなえるのか?

手数料が高いと有名(?)なウェルスナビの手数料が分配金でまかなえるのか、毎月ちゃんと確認するようにしました。

今月の手数料と分配金がこちら。

20181015200756

10月までの分配金と手数料を比較すると以下のとおり。

20181015203112

10月は分配金が多い月でした。

先月までは「このままでは手数料が赤字だ!」と思っていましたけど、この調子なら今年は黒字ですね。

安心しました。

 

ウェルスナビの運用実績は今後もレポートしていきますので、 ロボアドバイザーってどうだろう?という方は参考にしてみてください。

 

「WealthNavi」で資産運用

 

また一歩東北暮らしに近づいた!