いぐべし東北

Let's go tohoku !

肉食系女子垂涎。好きな分だけ食べられるいきなりステーキに行ってきた

20180414174134

 

 

こんにちは。いまいち都会に馴染めていないいちにさんです。

まだしっくり来ていないので電球を買うために無駄に秋葉原のヨドバシまで行ったりしています。

慣れようと思って行っているのに、結局人の多さにびびるという。

いい加減都会の人間の多さに慣れないといけません。

 

なにかと慣れない生活に四苦八苦して疲れ気味なのでいっちょ元気を出そう、元気になるためには肉だ!

ということで、いきなりステーキに行って来ました。

 

ikinaristeak.com

ビジネス街でポピュラーな立ち飲み食いでステーキとワインを楽しむスタイルにより、コストパフォーマンスを追及しています。

ステーキくに赤坂店のようにゆったりと座って食事と会話を楽しむのもいいですが、いきなりステーキは最初の1店目として、サクッといきなり食べて次の店へ! というスタイルを提案します。

 

注文システム

入る前はかなりそわそわして店の前をうろちょろしましたが、女性のお客さんも入っていたので意を決して入店。

そして包まれるお肉の香り~。

スタンドに通されると思いきや椅子席に通されました。

そして席の前にはかわいい韓国のおねえさん二人組み。

安堵&和み。

 

店員さんに店は初めてかと聞かれて

「はい、そうです!どうすればいいですか!」

と、きりっと答えると注文システムを丁寧に教えてくれました。

 

  1. 肉以外のメニューは席で注文する
  2. 肉の種類とグラム数、焼き具合を決める
  3. 肉は席ではなく、カット場とよばれる調理人さんのいるカウンターで自分で別途注文する。この時に席の番号札を持っていく。
  4. 肉はその場で切ってくれる。目分量で切るためグラム数は前後する。
  5. 焼き方を聞かれるのでレア(ちょい焼き)、ミディアム(普通焼き)、ウェルダン(しっかり焼き)のいずれかを伝える
  6. 肉の種類とグラム数、焼き具合の3点を伝えたら席に戻る。紙エプロンをつけて、肉が焼きあがるのを待つ
  7. 焼かれた肉が鉄板に乗って登場
  8. おいしくいただく

 

ikinaristeak.com

 

どぎまぎしながら肉のオーダーを完了。

今回は値段を見てオーストラリア牛のお肉を200グラムオーダー。

実際に切り出されたお肉は221グラムでした。

 

20180414180902

 

ビールでのどを湿らせながらお肉を待つ。

それにしてもこの大きさでビール540円はお高い気がするぞ。

 

20180414173901

 

 お肉様の登場

 

20180414173907

 

じゅうじゅう音をたてながら鉄板に乗って登場。

迫力のボリューム!

今回ご飯やサラダなどサイドメニューを頼まなかったのでお肉オンリーです。

いただきマース。

 

お肉おいしいです!

硬くない適度な歯ごたえ!

次にステーキソースをかけていただきます。

うん、おいしい。

焼き具合もばっちりだ(レアの血が苦手)。

 

ちょっと重たくなってきた時には敷かれた玉ねぎとコーンを食べると復活します。

コーンおいしい。

やっぱり200グラムは多かったかなあ。

150グラムくらいがちょうど良かったかもしれない。

などと思いながら、完食!!

 

お会計はビールとお肉で¥2,497円でした。

 

とっても食べ応えありましたよ。

肉を食った!という満足感があります。

おいしゅうございました。

なお、1,000円でお酒を持ち込めるので買ってきて飲むのもいいかもしれない。

自分の好きなワインと焼きたてのお肉がリーズナブルに味わえちゃういきなりステーキオススメです。