いぐべし東北

Let's go tohoku !

捨てる、リサイクルする、売る、そして寄付する。チャリボンで本を寄付したよ

20180408191203

 

 

引越ししたら部屋が狭くなったので本が置けなくなってしまった。

そんな方いませんか?

 

 

 

 

寄付するという選択肢

TSUTAYAやメルカリで売るのもいいのですけどヤケなどもあって状態があまりよくないし、本の量が多いので売るのも大変。

でも捨てるのにはもったいない。ていうか捨てられない。

だって小学生からこつこつ買い集めた漫画、中二病にかかった原因の漫画、何回も何回も読んだ漫画、それを捨てるなんて!

 

ああ、でも収納がない。悲しいかな狭いおうち。

こんなおうちじゃくつろげない。

もっとお金があれば広い収納がある部屋に住めるのに。

憎い。貧乏が憎い!

 

そんな憎しみを募らせながら、そして逡巡しながら決意した。

 

そうだ寄付しよう。 

 

www.charibon.jp

チャリボンとは、株式会社バリューブックスが運営する古本のリユースを活用してNPO・NGOなどのファンドレイジング(寄付集め)をお手伝いするサイトです。
ご家庭や職場で読み終わった書籍、DVDなどをお送りいただくことにより様々な分野で社会的な課題を解決しているNPO・NGOの活動の支援を行なえます。

 

ということでチャリボンを利用してみました。

 

本を詰める

まず本を詰めます。

段ボールを用意して、泣く泣く詰めます。

思い出の本たちよ。ついにお別れだよ。

途中読みふけったりしてなかなか作業がはかどりませんが、最後のほうはやけになってきます。

ちくしょー持ってけドロボー的な気持ちです。

これから寄付する人の心持とはとても思えません。

 

1箱程度だろうと思ったら結局120サイズの段ボールで2箱出来上がりました。

 あ、本は平置きにして、隙間には新聞紙など緩衝材を詰めて本が動かないようにしましょうね。

本が動くと痛みの原因になります。なるべく痛みの少ない状態で送りましょう。

本屋に勤めていたいちにさんとの約束だぞ。

 

支援団体を決める

次に古本の売り上げを寄付する団体を選びます。

チャリボンのサイトでは日本自然保護協会や全国被害者支援ネットワークなどいろいろな団体が選べます。

お恥ずかしながらいちにさんはあまり寄付とかボランティアなどをやったことがない人間なので、何度か耳にしたことがある団体のアムネスティ・インターナショナル日本を選びました。

アムネスティ・インターナショナルは全ての人々の人権が守られ誰もが紛争や貧困、差別などの人権侵害で苦しむ事のない世界の実現を目指し活動している団体です。

 

チャリボンのサイトで申込む

チャリボンのいいところは5冊以上なら送料無料で回収に来てくれること。

朝10時に申し込んで回収は当日19時頃でした。迅速。

紙が詰まった箱ってすごい重いので、100サイズくらいに詰めるといいと思いました。

その方が中の本も傷みませんし。

ごめんやで配送のお兄さん。

ちなみに本以外でもゲームやDVDも受け付けていますよ。

 

集計結果のメールが来る

 20180408184945

 

本が回収されてから1週間くらいで連絡がきました。

今回は153冊送って1,048円の寄付です。

なんとなく、1,000円超えて安心しました。

値段にこだわるわけじゃないけど、無理に引き取ったという値段じゃなくてよかった。

誰かの役に立ちそうでよかった。

 

まとめ

寄付するといっても何も難しいことはなく、手軽に寄付が出来てちょっと感動しました。

ちっぽけな自分でも世の中の役に立てれて良かったです。

 

こうして本を手放す方法として「寄付する」という選択肢を手に入れたいちにさんでした。

 

本を手放す方法

  1. 捨てる(燃えるごみ)
  2. 資源ごみとして出す(各自治体による)
  3. 売る
  4. 寄付する ←NEW