いぐべし東北

Let's go tohoku !

WealthNavi(ウェルスナビ)CEOから励ましメールが来るレベルの世界的株価下落の中、分配金のお知らせ

20180519210202

 

 

ロボアドバイザーのWealthNavi で10万円から運用スタートしました。

現在の入金は15万円です。

 

 

 

引き続き株価下落中

 

またもダウが急落。

 

minkabu.jp

 

その影響を受けて日経平均も下落。

 

minkabu.jp

 

日経平均株価は2/8より508円下がって終わりました。

円建てでついに1万円以上の含み損です。

おーまいがっ

 

この残念な結果を見てやってくださいな。

 

20180209200738

 

 

WealthNavi(ウェルスナビ)CEOの柴山さんからメール

 

今回の世界的な株価の下落を受けてウェルスナビCEOの柴山さんからこんなメールが届きました。

 

こんにちは。ウェルスナビCEOの柴山です。

今週、世界的に株価が下落しました。WealthNaviで「長期・積立・分散」の資産運用を長く続けていただいている方は、今週の下落を経てもなおプラスのパフォーマンスのままというケースが多いと思います。他方で、最近WealthNaviを始めた方は、マイナスのパフォーマンスにショックを受けていらっしゃるかもしれません。

中長期的な資産形成を目指すとき、いちばん大切なことは、長い目でリターンを最大化させることです。WealthNaviも、「長期・積立・分散」の資産運用によって、お客様の中長期的な資産形成をサポートしています。

「長期・積立・分散」の資産運用は、世界経済全体に広く分散して投資し、中長期的に世界経済の成長率を上回るリターンを目指すというものです。

過去にはリーマン・ショックさえも「長期・積立・分散」の資産運用を続けることで乗り越えることができており、あとから振り返ると、資産形成の長い道のりにおいては一時的な誤差に過ぎなくなっています。株価や為替相場の大きな変動には誰しもショックを受けるものですが、相場がよいときも悪いときも一喜一憂せず、淡々と資産運用を続けていただくことをおすすめします。

今週の株価急落があっても、本日時点で、WealthNaviをご利用中の98.7%(※)の方が資産運用を続けてくださっています。皆様のご期待に応え、「長期・積立・分散」の資産運用をサポートできるよう、これからも努力してまいります。

どうぞ、よい連休をお過ごしください。

ウェルスナビCEO・柴山和久

 

 

いちにさんはもろマイナスのパフォーマンスです。てへへ。

しかも連休は仕事の社畜です。

 

今後はどうなるのか。

メールにあるよう、淡々と資産運用していきます。

 

そんな中手数料と分配金の入出金があったとの連絡が。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)は分配金が受取れる

 

20180209200741

 

 

そういえば月1回手数料が引き落とされるのでした。忘れてた。

 

WealthNaviを利用する場合、運用開始後の預かり資産の時価評価に対し、※1%(年率、消費税別)の手数料がかかります。

 

www.wealthnavi.com

 

そして「外国利金分配償還配当のお知らせ」というメールが来ました。

なんだろうと思ったらAGGから分配金が入金されていました。

 

分配金が出るとは知らなかったのでおどろいた。

35円でもうれしいですね。

1万円以上損出ちゃってるけど。

 

しかしこの分配金、調べてみるとどうやら二重課税されているようです。

 

特定口座、一般口座にかかわらず、ETFの配当は米国内で租税条約に基づいた税率で源泉徴収されており、差し引かれた金額に対して日本国内で課税されています。

この二重課税を調整するための外国税額控除を適用されたい場合は確定申告が必要になります。

 

この分配金には外国と国内とで二重課税されているとので、解消するには個人で確定申告が必要とのこと。

申告する手間を考えると、たいした金額じゃないからとりあえず放置でいいですかね。

さて、今晩のNY市場はどうなるのでしょうか。

 

「WealthNavi」で資産運用

 

引き続き運用報告していきますので、WealthNaviってどうだろう?という方は参考にしてみてください。