いぐべし東北

Let's go tohoku !

運用報告:10万円から始めるWealthNavi(ウェルスナビ)(2018年1月30日時点)

20180519210202

 

 

 ロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ) で10万円から運用スタートしました。

さっそく 運用報告していきます。

 

運用結果

 

20180131193828

今回購入額            0円

購入額合計 100,000円

評価額     99,107円

含み損益 -893円(0.89%)

 

各資産クラスは軒並みマイナスです。おお~う。

 

ちなみにこの結果は円建てで見た場合。

次にドル建てで見てみましょう。

 

20180131194751

今回購入額            0ドル

購入額合計   902.89ドル(前回の1/23時点だと購入額は902.64ドル)

評価額     909.17ドル

含み損益 +6.53ドル(6.28%)

 

資産クラスはすべてプラスです。

これはドル円の相場が前回購入した1月23日よりも、ドルに対し円高になったため起きる現象です。

 

 

www.12san.net

 

 

WealthNavi(ウェルスナビ)は為替相場の影響を受ける

 

ドル建てで運用益がプラスである場合は基本的に円建ても運用益はプラスです。

この運用益に影響をあたえるものが為替差損益です。

今回は運用益よりも円高による為替差損が大きかったため、円建てでマイナスとなったのです。

 

運用益<為替差損

 

20180131193826

 

つまり、ドル建てで運用益がプラスの場合、購入時より円安になれば円で受け取れる金額は純粋な運用益よりさらに増えます。

一方、ドル建てで運用益がマイナスの場合、購入時より円高になれば円で受け取れる金額は純粋な運用損よりさらに減ります。

 

これは海外ETFを取引する場合、逃れられない仕組みです。

 為替取引をする方はお馴染みですね。

 

【価格変動リスク】
ETFの価格は実質的な投資対象である株式、債券、コモディティ等の価格などに応じて大きく変動し、その結果として損失が生じ、また、投資元本を割り込む場合があります。
また、海外ETFに関しては、通貨発行国の金利の変化等により生じる外国為替相場の変動を原因とした損失が生じ、また、投資元本を割り込む場合があります。  (WealthNavi より)

 

そんなわけで円高時に購入すると、さらにロボアドバイザーの恩寵が受けられるかもしれません。

当然逆もありますけど。

 

いちにさんの場合はつみたてNISAと同様に基本ほったらかしなので、為替相場は気にしていません。

投資信託も為替相場も価格が変動するもの。

誰しもお得な金額の時に購入したいですよね。

しかし、いちにさんはド素人です。プロでさえ相場を読むのは難しいのに、そうそううまく出来るとも思えません。

 

無理のない範囲で、自分のタイミングで購入するのが一番気楽で長続きできると思います。

 

引き続き運用報告していきますので、WealthNaviってどうだろう?という方は参考にしてみてください。