いぐべし東北

Let's go tohoku !

ロボアドバイザーやってみる WealthNavi(ウェルスナビ)編

20180519210202

 

 

ロボアドバイザーに興味があるんだけど、ちょっと敷居が高くて手が出せないなあ。

 

と、思っていたらSBI証券でロボアドバイザー「WealthNavi for SBI証券」サービス1周年記念キャンペーン!第一弾が展開されているため、これを機会に申し込んでみました。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)は通常30万円からスタートなのですが、キャンペーンということで10万円から始めることができます。 

10万円でも高いですが、30万に比べればだいぶ敷居が下がって始めやすいです。

 

 

ロボアドバイザーとは

金融のプロ集団がそれぞれの理念に基づいて開発を行ったプログラム(アルゴリズム)によって相場状況をモニタリングし、一人ひとりに合った配分を自動で調整してくれるサービス(SBI証券より)です。

 

要は自動で運用してくれるということですね。

 

同じようなサービスはいくつもあり、他にも

があります。

 

SBI証券ではWealthNaviとTHEOと提携しており、今回いちにさんはWealthNaviで口座開設することにしました。

 

手数料はいくらかかるのか

預り資産の評価額に対し、1%(年率、消費税別)の手数料がかかります。

時価は日々変動しますので、手数料は毎日1日分を計算し、1ヵ月分の合計額を翌月1日にお支払うことになります。1円未満は切捨てです。

 

結構かかるなあ。

いちにさんの場合は100,000円預け入れていますので、単純に考えて年間1,000円です。

手数料分は最低限回収しないと。

 

ちなみに同じサービスであるTHEOも手数料は1%です。

 

口座開設してみた

 

20180122204358

 

まず運用ブランを決めます。

  簡単なアンケート形式で回答を進めていくと、プランが決まります。

 

20180122204418

 

いちにさんのリスク許容度は5段階のうち4でした。

チキンな割りにリスク許容度が高めです。

でもまあ206万円になるのが16%かあ(笑)。

 

 

20180122205006

 

次に入金です。

表示されている銀行から入金したら反映が早くて驚きました。

クイック入金(24時間リアルタイムでWealthNaviの口座へ入金できるサービス)の機能が使えるのは以下のインターネットバンキングです。

 

  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 住信SBIネット銀行

 

ポートフォリオはどうなる

 

20180122205003 20180122204958

 

さすがに入金したばかりなのでポートフォリオはまだ組まれていませんでした。

ポートフォリオは組まれ次第公開していきますので、ロボアドってどうよと思っている方は参考にしてみてください。

 

ロボアドの他につみたてNISAも始めたので、今年はいちにさんの投資元年といえそうです。

資産が増えるよう色々やっていきますぞ。

 

 

 

www.12san.net